トップページ

NEW
サイバー犯罪防止教室(講演会)のご案内(7月12日(金))を掲載しました

個人情報開示調査に関する公文を掲載しました。

インフルエンザによる出席停止に関する取り扱いおよび治癒証明書(保護者記入用)を掲載しました。こちらをクリックして下さい。

令和元年度年間行事を掲載しました。(なお現時点ではあくまでも予定です。今後変更の可能性もあります。行事前には生徒を通して公文を配布します)
暴風発令時における学校の臨時休業及び生徒の登下校についてはこちらをクリックして下さい。
忌引き等についての取り扱いについてはこちらをクリックして下さい。


≪6月の主な行事予定≫
3日(月):職員会議
4日(火):地区総体激励会
5日(水):1年内科検診
6日(木):3学年朝会
7日(金):地区総合体育大会①
8日(土):地区総合体育大会② 
9日(日):地区総合体育大会③
12日(水):生徒会専門委員会 テスト前部活動停止~19日
13日(木):表彰朝会
19日(水):中間テスト(国・理・英)
20日(木):中間テスト(社・数)
21日(金):避難訓練
23日(日):慰霊の日
24日(月):校内研修
25日(火):職場体験学習(2年)~27日
27日(木):西原町青少年の主張大会
28日(金):校外平和学習(1・3年)

≪7月の主な行事予定≫
 1日(月):職員会議
 4日(木):1年読み聞かせ
5日(金):校区学推報告会(午前中授業)
11日(木):期末テスト(技能) 校区生徒指導連絡協議会
12日(金):サイバー犯罪防止教室
17日(水):生徒会専門委員会
18日(木):2学年朝会、3年読み聞かせ
19日(金):一学期前半終了朝会
21日(日):県総体開会式
26日(金):三町村教育講演会
29日(月):三者面談~31日
8/2日(木):生徒会リーダー研修会
28日(水):一学期後半開始朝会

●今月の西原中学校

期待のルーキー!~初任者授業研究~

7月8日(月)に,初任者研修の一環として理科の研究授業が行われました。植物のなかま分けについて,ホワイトボードを使いながらグループによる学び合いを行ったり,1人一枚ずつ絵カードを使って植物を分類し,その分類が次の席替えのグループになったりと,とてもアイデアいっぱいの授業でした。またipadと使ってのスライド提示などIT機器を使用したり,最新の研究である「トゲナシトゲアリトゲトゲ」の分類の話は,生徒達が非常に興味を持ったようで,とても楽しそうな雰囲気の授業となりました。


作業のあとはスタミナ補給~3学年PTA行事~


7月7日(日)のPTA作業のあとは,3学年PTAにより,バーベキューが行われました。保護者と生徒が一緒に食事をかこみ,楽しいひとときを過ごしました。

過ごしやすい学校環境に~3学年PTA作業~


7月7日(日)にPTA環境整備委員会と3学年による3学年PTA美化作業が行われました。保護者の皆様と職員と生徒が協力して校内の草刈り作業や清掃を行い,あいにく断続的に雨の降る天候でしたが,終了後の校内はすっかりきれいになりました。

3年2組が一人21冊~校内読書4~6月間~
4月15日~6月30日までの校内読書統計(図書館貸出率)を報告します。第1位のクラスは3年2組で計849冊、一人平均21.2冊、第2位は2年3組の642冊(一人17.8冊)、第3位は3年3組の698冊(一人17.5冊)となりました。多読者は、第1位が87冊、第2位が85冊、第3位が84冊となっています。

生徒が積極的に意見交換~小中連携授業会~
 
7月5日(金)西原中校区幼・小・中連携授業会を、本校で開催しました。1~3学年で道徳授業、特別支援で自立活動の授業を公開し、授業研究会を行いました。1年4組では「いじめのない世界へ」、2年3組では「よりよく生きる」、3年5組では「将来の自分を見つめて」、特別支援ではが「トータルコミュニケーションの力をつけよう」をテーマに実践しました。
 各教室とも、生徒に笑顔が見られ、聞く態度もよく積極的(主体的)に意見交換(対話)していました。また、教師も生徒をよく見て、わかりやすい言葉でやりとりしていました。
 参観者からは、「教師の長い説明や指示が少なく、生徒主体の活動を重視していますね」「多くの生徒に笑顔やつぶやきが見られ、楽しそうに授業していました」「生徒主体のグループ学習で、他者との学び合い(交流)がみられました」などの声が聞かれました。

ラッキーボーイとラッキーガールの西原中生~研究会での生徒による歓迎横幕~

7月5日の西原中学校区幼小中連携合同授業研究会では,歓迎の横幕も生徒自身による手作りでした。呼びかけたところ,1年生3名の生徒の皆さんが手を挙げてくれ,前日にかわいいイラスト付で歓迎の横幕を仕上げてくれました。参加者からもても好評でした。

研究会での心温まる差し入れ~ハンドボール部の保護者の皆様より~


7月5日(金)に西原中学校区幼小中連携合同授業研究会が西原中学校を会場に行われました。それに先立ち4日にハンドボール部の保護者の皆様から研究会の幼小中学校の職員へということで手作りのお菓子の差し入れを頂きました。参加者からはとても講評でした。ハンドボール部保護者会の皆様ありがとうございました。

がんばれはやぶさ2~科学の授業から~
7月4日(木)に理科で「小惑星探査機はやぶさの挑戦」をタイトルに授業公開がおこなわれました。2010年に地球に帰還した「はやぶさ」の模型や、ペンシルロケットの模型、天文学者になったギタリストの新聞記事を使いながら、はやぶさの旅路や帰還の様子、はやぶさ2の小惑星リュウグウ着陸についての最新の話がありました。生徒達は、「もし自分たちが運用メンバーなら、はやぶさが行方不明になったときどうするか」を考えたり、7月11日に2回目のタッチダウンが予定されている「はやぶさ2」への応援メッセージを書くなどして、科学技術への興味関心が深まったようです。

犠牲者の思い忘れない~校外平和学習~
 
6月28日(金)、1・3学年で校外平和学習を実施しました。1年は首里城・玉陵琉球大学風樹館で、3年はひめゆり平和祈念資料館・健児の塔・平和の礎・轟の壕で、戦争(沖縄戦)の悲惨さや平和の尊さについて考えました。
 3年生からは「沖縄戦は過去ではなく未来の話になるかもしれない、の言葉が印象的でした」、「沖縄戦の犠牲者や体験者の強い思いを忘れてはいけない」と感想を!

仕事は大変だが楽しい~職場体験学習~
2学年の職場体験学習が、6月25日~27日の3日間、将来の職業観について意識を高めることを目的に実施されました。 生徒たちは、保育園など希望した52の事業所に分かれ、その仕事の苦労や喜び、やりがいや社会貢献などを学んでいました。生徒からは「公民館行事のポスターを作っていて楽しいです」、「仕事はコミュニケーションが一番大切だとわかりました」、「今まで作業をすることがなかったので仕事の大変さを実感しました。仕事を経験できたのは嬉しかったです」、「クレーンを操作するのは難しかったけど重機はうまくできたので楽しかったです」、「ケーキ作りを手伝うことができたのでとても嬉しかった」など感想が聞かれました。
 地域の各事業所の皆さん、保護者の皆さん、ご協力・ご支援ありがとうございました。

戦争を語り続けること~1年平和学習会~
 
6月26日(水)の1学年平和学習会が、校内武道場・町西原の塔で、ニシバル歴史の会:瀬戸隆博氏を講師に行われました。
生徒の皆さんは「慰霊の日の意識が高くなりました」、「西原の塔で名前のない人や幼い子の名前を見てとても心が痛みました」、「これからも平和でいたいという思いで黙とうをしました」、「未来に戦争のことを語り継いでいきたいです」など感想を述べていました。

アベック優勝を報告~中体連入賞選手役場訪問~

6月18日に,夏季大会で優勝した男女バレーボール部をはじめ,三位までに入賞した部活動選手が西原町役場に表敬訪問に行きました。訪問では激励の言葉をいただいたほか,広報誌用に写真撮影も行われました。来る7月に行われる県大会での西原中学校のますますの活躍が期待されます。

生徒との信頼関係高い~2年公開授業~
 
本校では、道徳の授業を職員に公開中ですが、6月19日の3学年に続き2学年の先生方は21日(金)には1組で、24日(月)には5組で公開授業を行いました。公開授業では生徒の心情を円で表現したりグループで4つの視点から主人公の心情を捉えさせ、よりよく生きるために大切な心を捉えさせていました。
 参観者からは、「生徒との信頼関係が高く、学級に支持的風土ができている」「生徒は積極的に発言し主体的対話的な活動ができている」「もっとじっくりゆっくり考えさせたほうがよいのではないか」などの声が聞かれました。

6月18日(火)、地区中体連総体のバレー男 女優勝などの結果報告を、町役場を訪問して教育長に行いました。
6月14日(金)、西原東中で教職員球技大会 が開催され、本校は西原東中・西原南小を破り、見事優勝しました。

身近な地域から平和を~ニシバル歴史会~
 
6月12日(水)、ニシバル歴史会の6名の方が来校し、1学年6学級(184人)に「西原町の沖縄戦」について講話しました。
講師の皆さんは、絵や地図及び資料を活用して、沖縄戦や平和について、熱く思いを込めて説明していました。
生徒たちは、一人一人住んでいる地域(西原町)の沖縄戦を学び、平和な社会をつくることや命の尊さについて考えていました。

めあて・課題を大切に▼~3年公開授業~▼


3年4組では、6月12日(水)、担任のK先生が道徳授業を、14日(金)にはM先生が社会の授業を行いました。▼ K先生は、学習教具の準備がよく、電子黒板を活用して関心を高め、グループ活動で生徒の交流場面を設定していました。生徒たちは、表情がよく笑顔で楽しそうに教師の発問に反応し、主体的・協働的に活動していて、担任とのラポート関係の高さが見られました。▼M森岡先生は、個人で調査活動した結果をグループで意見交換させ、シートにまとめを行わせていました。生徒たちは、真剣に調査し発表したり、集中して聞き質問したりしていました。生徒主体の学習になっていました。▼ 参観者からは、「グループ活動が日常的で、認め合う雰囲気がいいですね」の声が聞かれました。校長からは「深い学びにするためには課題(めあて)を強く意識させること、課題は疑問から問いを引き出すこと」を助言しました。

主体的対話的な学習に~数学公開授業~
 
6月11日(火)、1年1組でM先生が数学科公開授業、単元「正負の数の利用」を実践しました。M先生は表情が良く、わかりやすい言葉で丁寧に説明し、生徒の発言を受容的に受け止めていました。
 生徒たちは、笑顔で発言が多く、グループ学習では積極的に意見交換をしていました。参観者からは「生徒主体の授業ですばらしい。一人一人が主体的で対話的な学習をしていました」との声が聞こえました。

ジグソー法で意見交換~道徳公開授業~

 
6月5日(水)、3年2組で道徳公開授業がありました。この授業は7月に開催される幼小中連携授業の一環として行われ、生徒同士の学び合いを意識した4人グループのジグソー法を取り入れ展開されました。
 生徒たちは、勤労の尊さや将来の生き方について、積極的に発言・発表し、聞く態度もよく、グループで意見交換するなど主体的・対話的な学習になっていました。
 参観した先生方からは「生徒一人の発表で終わることが多いが、生徒の話し合いにつながっていた」「生徒は大きな声で積極的に発言・反応していた」「同じ生徒だけでなく多くの生徒が発表していた」「教師の笑顔や生徒をよく見ての発問が生徒の元気を引き出していた」「学習意欲の低い生徒をどうすれば高めることができるのか、ゆっくりじっくり進める必要がある」などの声が聞かれました。

学習意欲を高める授業~理科公開授業~
6月6日(木)、A先生が1年6組で理科公開授業を行いました。電子黒板を活用し、マッキーノやグループ学習で学習意欲を高めていました。
 参観者からは「教師主導から生徒主体の授業に挑戦する姿勢がすばらしい」「生徒に笑顔が多く、つぶやきや反応が多かったです」「一人の発表を他の生徒に繋げていけばもっと主体的・対話的になるのでは」などの言葉をいただきました。

優勝!空手道女子組手~地区総体結果②~
 

地区総体個人で空手道女子組手のHさんが優勝、ソフトテニス女子のKさん・Sさんペアが準優勝、体操男子:床・跳馬種目でNさんが2種目第2位に入りました。個人結果です。
①空手道:女子組手 Hさん  優 勝 
②体操:男子床・跳馬 Nさん 準優勝
③ソフトテニス:女子ダブルス Kさん・Sさんペア 準優勝
④剣道:女子 Tさん 第5位、Tさん第6位、Tさん第7位
    男子 Tさん第7位
⑤テニス:女子ダブルス KさんTさんベスト8

優勝!男女バレーボール ~地区総体結果①~
6月7~9日に開催された地区総体団体で男女バレーが優勝、剣道男女、ハンドボール女子、ソフトテニス男子、空手道女子が第3位に入りました。
団体の結果です。
①バレー:男子優勝,女子優勝
②剣道:男子 第3位,女子第3位
③空手道:女子組手 第3位
④ハンドボール:男子2回戦敗退(美東中),女子 第3位
⑥野球:2回戦敗退(緑ヶ丘中)
⑦バスケット:男子1回戦敗退(緑ヶ丘中),:女子1回戦敗退(与勝中)
⑧サッカー:2回戦敗退(普天間中)
⑨テニス:男子1回戦敗退(北谷中),女子2回戦敗退(具志川東中)
⑩ソフトテニス:男子 第3位,女子 第4位
⑪バドミントン:女子2回戦敗退(越来中)

~地区総体激励会~

6月4日(火)、地区総体選手激励会が生徒会主催で開催されました。選手がユニフォームで入場後、各部キャプテンの決意表明、生徒会代表あいさつ、生徒会役員のアトラクション(寸劇)、校長激励の言葉と続きました。
各部キャプテンからは「全力を出して悔いのないようにしたい」「感謝の気持ちを持って試合に臨みたい」などが聞かれました。

生徒主体の授業を意識~理科公開授業~

5月31日(金) 5校時、教頭先生が3年2組で理科公開授業を行いました。
前半は写真や電子黒板で楽しい雰囲気をつくり、既習事項を確認した後、後半は生徒主体のグループ学習で意見交換や発表をさせていました。生徒たちは、楽しそうに取り組み、笑顔やつぶやきが多く見られ、一人一人が授業に積極的に参加していました。ねらいの「無性生殖生物による増え方を理解する」や「例をあげて説明する」ことが達成できたのではないでしょうか

希望した西中で頑張る~PTA歓迎会~
 

5月31日(金)、PTA主催の新職員歓迎会が視聴覚室で開催され、50名の保護者・職員が参加しました。    
 新職員の久場小百合先生は「西原中は希望者の多い学校なので転入できて嬉しいです。今でも素晴らしい西中の生徒をもっと伸ばしていきたいです」と抱負を述べていました。
 また、歓迎会後の部活動外部コーチとの交流会では、30名が参加し、各部員の情報交換や地区総体への決意を語り合っていました。とても盛り上がり、話が尽きませんでした。

いよいよ夏到来!~令和初のプール開き~

5月22日にプール開きが行われました。真夏を思わせる晴天の中、体育科の職員より諸注意のあと令和初のプールでの授業が行われ,生徒の皆さんはとても楽しそうに水泳の授業を受けていました。

聞く態度がすばらしい~朝の読聞かせ~
 

5月16日(木)から、地域ボランティア委員による「朝の読み聞かせ」がスタートし、16日は3年生、23日は1年生、30日は2年生で行われました。読み手は、伊集悟さん等地域の方々6名でした。
読み手の方からは、「全員静かに聞いてくれて、聞く態度がすばらしい。自分も元気をもらいました。ありがとうございます」と感想をいただきました。
読み聞かせは、生徒が穏やかな気持ちになり集中力を高め、言葉を学び感性を磨き、創造力を豊かにしていく活動だと感じました。

生徒主体の授業改善を~町教委訪問~
 
5月27日(月)、 本校課題についての意見交換、授業参観を目的に町教委学校訪問が行われました。
 授業観察では、教育委員から「学びに向かう姿勢・態度がいいですね」「先生方は電子黒板を活用して授業していますね」などの声が聞かれました。
 学校説明では、町教委から「全国学力や県到達度調査で小学校より結果がよくないのはなぜか」など厳しい質問をいただきました。
 全体会では、新島教育長代理から「思考力等を高める授業の構築を校内研修で行ってほしい」、新垣部長から「部活動を活用して学習規律を確立し学力向上へつなげてほしい」照屋主幹から「学校経営が町教委の施策と合致していますね。生徒主体の授業になるよう意識改革をお願いしたい」、島袋指導主事は「生徒同士の交流を深めるためにも先生方の学び合いを継続・実践してください」との指導・助言をいただきました。

みんなでつくる生徒会~生徒総会~
 

5月24日(金)体育館で、生徒総会が開会されました。まず生徒会長の小波津穂乃花さんから、「生徒総会は全生徒が参加し真剣に話し合いましょう。『みんなでつくる生徒会』の意識を高めあい、西原中をよりよくしていきましょう」との挨拶がありました。
 議長団を選出した後、第1号議案で「30年度活動・決算報告」、第2号議案で「今年度の活動計画・予算案」、第3号議案で「各専門委員会の活動計画」の提案があり、すべて承認されました。
 ボランティア委員長は「他の委員会とも繋がりを大切にして行事や委員会を成功させたいです」、給食委員長は「もっと準備や発表をちゃんとしたらと反省しています」、整美委員長は「緊張して早口になっていたので改善したいです」、学芸委員長は「全校生徒が分かるように心がけて説明しました」など、声が聞かれました。

学校全体が落着いてる~日曜授業参観~

 

5月19日(日)は日曜授業参観日でしたが、1学年96名2学年105名、3学年85名の286名の保護者と、坂田小校長など関係者4名の計290名が学校訪問してくれました。 
 関係者からは「生徒達は集中して静かに学習していますね」「電子黒板を活用する授業が多くていいですね」「先生方は一生懸命教えていますね。もう少し生徒主体の場面があるといいですね」との声が聞かれました。
 保護者からは「平日より休みの方が学校に来やすいのでよかった」「子どもがニコニコして授業を受けている姿は安心します」「学校全体が落ち着いていてよかったです」「グループ学習だけでは普段の様子がわかりません。授業参観ということを意識した授業内容にしてほしいです」「クーラーの壊れているクラスが多いので早めに直してほしいです」「第二次大戦のおこりを理解する授業について、沖縄戦の実情がどのように教えらるのか興味がある」など感想や意見が聞かれました

西中会場はバレー男子~総体組合わせ~

 
6月7日(金)から始まる中体連地区総体の組み合わせが決定しましたので、お知らせします。 
【競技】 【対戦相手】【時間】 【会場】
 野 球 :越 来   9:00 北谷野球場
サッカー:具志川東 未定  赤間運動場
男子バスケ:与勝緑ヶ丘 
女子バスケ:与 勝
男子バレー:山田・宮里 11:00 西原中
女子バレー:西原東 10:00 与勝中
男子テニス:北 谷  9:30 県総合コート
女子テニス:普天間    9:20 県総合コート
ソフトテニス:4校リーグ 9:40 県総合レクD
男子ハンド:美 里 11:50 県総合体
女子ハンド:琉大附属 10:40 沖縄市体
バドミントン:嘉手納 10:00 宜野湾市体
剣 道 :リーグ戦  9:30 嘉手納中体
6月8日(土) 空手道:具志川体育館
9日(日) 体操:県総合体育館

多くの保護者が参加して ~PTA総会~
 

5月19日(日)11時45分から体育館でPTA総会が、教師10名・保護者60名の計70名で開会しました.。 
 まず、PTA会長のあいさつでスタートし、平成30年度会務報告・決算報告、新役員選出、令和元年度活動方針・予算案の議案審議を行い、全議案スムーズに承認されました。議案審議後、今年度新役員が紹介され、代表して新会長から「多くの保護者が参加できるようなPTA活動にしていきたい。会員の皆さんのご理解ご協力をお願いします」と抱負を述べていました。
 最後にPTA表彰があり、前副会長以下6名の役員が表彰されました

県3位!男子バレー部~各部大会結果~

第59回全沖縄中学校バレーボール選手権大会において、男子が第3位、女子がベスト8と入賞しました。
 4月後半から5月前半に開催された各部大会の結果を報告します。
 【種目(大会名)】   【結果】
①バレーボール(県選手権):男子第3位
  女子ベスト8
②空手道(県春季競技):女子個人組手優勝
③ハンドボール(県春季) :男子3戦敗退
  女子1回戦敗退
④バスケットボール(南ブロック):男子予選リーグ2位
   女子予選リーグ敗退
  (西原町フレンドシップ):男子予選リーグ敗退
           女子予選リーグ敗退
⑤バドミントン(地区春季) :女子1回戦敗退
⑥野 球(うるま市長杯):1回戦敗退
⑦サッカー(3部リーグ戦):1-3具志川中

一致団結して楽しかった~新入生歓迎球技大会~

5月10日(金)新入生歓迎球技大会が生徒会主催で開催されました。
体育館で行われた1学年は、3組と4組が決勝に勝ち上がり、大接戦の末一人の差で3組が優勝となりました。
 運動場で行われた2学年と3学年は、雨のため決勝戦は中止となりました。
1学年の閉会式では、学級MVPも発表され各クラス1名ずつ選出されました。
受賞した生徒からは「学級が一致団結して楽しかったです」、「ゼッケンが外れるまで頑張りました」、「体育が苦手ですが楽しむことができました」、など感想を述べてくれました。
新入生は、歓迎球技大会を通して、中学校の生活に少し安心感が出て、学級や学年の団結力を味わうことができました。西中生として少し自覚がもてたのではないでしょうか。
球技大会の1学年委員の感想を紹介します。
「決勝には届かなかったけどスーパープレイがかっこいいと思いました」「2組の絆が深まり、仲良しのクラスにしたいです」「優勝すると宣言して有言実行できました」「クラスが一つになることが大切だと学びました」「クラスの仲が深まり一致団結できました」「みんな協力して楽しむことができました」等

~校長講話~
 4月25日(木)の全体朝会は校長講話で「凡事徹底」をテーマに行いました。

凡事徹底とは、あいさつや聞く態度、時間を守る、清掃をするなど当たり前のことを当たり前に行うことで意識してやる気をもって実践すると、自分にとって役に立つことを話しました。
生徒からは「凡事徹底は生きていく中で大切だと思いました」、「凡事徹底を心がけて毎日頑張りたい」、「部活とか学校生活でもしっかり凡事徹底をして成長していきたい」、「自分達がリーダーとしてあいさつできる部活動にしようと思った」、「当たり前のことができていないことが多いので再確認できてよかった」、「自分のため人のためになることをして自己実現を目指したい」、「小さなことでも続けて取り組める人が結果を出せる」、「感謝の心を大切にして将来につなげていきたい」などの感想が聞かれました。

~部活動結成集会~

  4月19日(金)16:10から体育館で、生徒・保護者参加で部活動結成集会が行われました。

校長から「部活動はルールやマナーが大切です。部員は各部で目標をもって頑張ってほしい。顧問やコーチは生徒の健全育成を目的として指導してほしい」と挨拶がありました。次に、新垣教頭先生から各部の顧問の紹介があり、部活動担当から活動の目的や方針、活動時間など規則についての説明がありました。
集会後、部員に話を聞くと「サッカー部に入部しました。おもしろい部員が多くて安心しました」、「美術部でキャラクターの特徴を捉えて描きたいです」、「ハンドボールでベスト4に入るため、練習を怠けず一生懸命がんばりたい」、「バレー県大会で優勝して、九州に行けるよう頑張りたい」、「バドミントン部の合言葉『協調性』を胸に悔いのない試合をしたい」と抱負を述べていました。

~校長公開授業~

 4月19日(金)に公開授業があり、校長が1年1組で道徳の授業をしました。主題「よりよい生き方を考える」資料「美しく自分を染めあげて下さい」で行いました。1組の生徒は聞く態度がよく、積極的に発言し、グループで仲良く意見交換をしていました。

 授業感想として、「自分の色を考えていると新しい発見がありました」、「なりたい色になるには思いやりの気持ちが大切だとわかりました」、「校長先生の話がわかりやすくてよかったです」、「人によって色の見方や考え方が違っていてすごいと思いました」、「自分で自分を磨き上げていきたいです」、「グループで話し合っていろんな意見が分かりました」などがあり、一人一人真剣に自分を見つめ考えていました。
担任からも「生徒が自分ごととして考え友達と学び合っていました。校長先生から褒めてもらいよかったです」との声が!

~授業参観~
4月19日(金)の授業参観には、約90名の 保護者が子どもたちの激励に来ていました。 その後、学級・学年PTA、部活動結成会、部活動激励会も行われました。
 次回の授業参観は5月19日、日曜日です。

~生徒会入会式~
 4月10日(水)、生徒会入会式が実施され、生徒会役員の紹介、活動内容の説明がありました。
 
生徒会長から「生徒会とは生徒一人一人のことです。生活委員会など11の専門委員会や生徒会行事、学校行事をみんなで頑張りましょう」と歓迎の言葉を述べ、校長から「新入生歓迎球技大会など生徒会が中心となって運営する行事が多くあります。生徒が自主的・積極的に行事を行い、よい校風の学校を創りあげてください。期待しています」と激励の言葉を述べていました。
 式後、1年女子から「生徒会の仕組みが少しわかりました。私も挨拶と掃除を頑張ろうと思いました」、2年男子からは「1年生の頃、整美委員会で頑張りました。生徒会専門委員会は学校をよくするための委員会です」「生徒会行事として新入生歓迎球技大会があります。新入生は楽しみにしてください」との感想が聞かれました。

~第63回入学式~
 4月9日(火)本校体育館で、2019年度第63回入学式が町長ほか多くの来賓の出席を賜り挙行されました。

まず、校長から入学認定があり184名の新入生が晴れて本校へ入学を認められ、生徒会長から「今年度は文化祭という大きな行事があります。楽しく取り組み、よい校風の学校にしていきましょう」との歓迎の言葉がありました。
 西原南小代表の生徒からは「テストで90点以上取りたいです。しっかりした西中生になります」と英語を交えて挨拶し、坂田小代表の生徒からは「いろんなことに主体的に取り組み、リーダーとして頑張っていきたいです」と決意を語りました。
 新入生は、礼がとても上手で、50分間集中して聞き、聞く態度も良かったです。

~第1学期始業式~
 4月8日(月)、第1学期始業式が挙行されました。
 
校長式辞として、「新2年生は、学年の中核として1年生をリードし、3年生は学校代表の顔として頑張ってほしい。挨拶、聞く態度、時間を守るなど凡事徹底を1年間実践してほしい」と話しました。
 新2学年代表の生徒から方は「個性と協力を大事にし、新入生のお手本になりたい」 新3学年代表の生徒からは「気づきや思考力を大切にし、よりよい西中をつくっていきたいです」、生徒会代表の生徒からは「最上級生としての自覚をもち、気を引き締めて頑張っていきたいです」と力強いあいさつをしてくれました。
 今年度は、1年生184名、2年生181名、3年生201名、計566名でスタートします。


~就任式~
 4月8日(月)本校体育館において、12名の新職員の就任式が行われました。

 生徒を代表して生徒会から「先生方が学校に早く慣れ、先生方からたくさんのことを教わって一緒に頑張っていきたいと思います」との歓迎のあいさつがありました。
 先生方の自己紹介では「西原中の生徒は挨拶や聞く態度がとても素晴らしい」「部活生の校歌での歓迎には感動しました」などの声がありました。